施設ご予約のお客様

ご利用案内

当ホールはクラシックを中心としたコンサートホールとして設置したものであり、その特色を活かした使用をお願いいたします。
催物の内容によっては、使用をご遠慮いただく場合があります。あらかじめご了承下さい。

申込み方法

1.申込みの受付

開館日の午前9時から午後6時まで受け付けます。休館日は、受付をいたしません。

休館日:12月29日~1月3日(ただし、施設の改修、設備の保守等のため、臨時に休館することがあります)、隔月1回・館内整理日<不定休>

2.申込み方法

申込みは、申請者が直接ご来館のうえ、所定の「予約申込書」を提出して下さい。電話、口頭、郵送、ファックスでの申込みはお受けできません。

「予約申込書」には、主催者(公演責任者)、公演責任者の生年月日、催物の内容、入場料金、開演・終演時間等について、具体的に記入して下さい。

3.申込み受付開始日

大ホール 使用予定日の属する月の1年前の月の1日から。
1月に限り、4日からの受付とします。
リハーサル室、研修室 大ホールの使用との関係上、使用予定日の属する月の2ヶ月前の月の1日から。
但し、大ホールと同時使用の場合は除きます。

4.受付順位の決定

受付順位の決定は、先着順とします。ただし、受付開始日の午前9時までに来館された方は同一時間に来館されたものとみなし、使用予定日が重複した場合は、協議または抽選により使用者を決定します。

5.使用許可と使用料

使用許可書は、使用料のお支払いの後にお渡しします。予約申込書を提出されても、使用料を納入されなければ使用の許可は出来ませんので、必ず申込み当日に使用料を納めて下さい。

付属設備等の使用料は、催物開催日当日の清算となりますので、当日の退館時までに納めて下さい。

催物の内容によっては、申込み当日に使用許可書をお渡しできない場合があります。内容を検討の後、申込者にご連絡いたします。

6.使用料の不返還

いったん納入された使用料は、返還しません。但し次に該当する場合はそれぞれの割合により使用料を返還します。

全額返還 主催者の責任によらない理由により使用できないとき
半額返還 使用日の40日前までに主催者が使用の取り止めを申し出た場合で、文化企画課において相当の理由があると認めるとき

7.使用の制限

次の場合には、使用をお断りし、又は既に許可している場合でも取り消すことがあります。

  • 公の秩序を乱し、又は風俗を害する恐れがあると認められたとき。
  • 建物、設備等を損傷する恐れがあると認められるとき。
  • 使用の条件に違反したとき。
  • 偽りその他不正な手段で許可を受けたとき。
  • 条例、規則、使用許可条件及びこれらに基づく職員の指示に違反したとき。
  • 大掛かりな装置や、照明設備を持ち込む催物。
  • 当ホールの備品のピアノ等に特殊な仕掛け(プリペアド・ピアノ等)を施すもの。
  • 当ホールの特性を損なう使用のために、入場者に著しい不便・不快を生じさせることが明白に予想されるとき。
  • その他当ホールの管理・運営上支障があるとき。

8.使用権譲渡の禁止

使用許可を受けた施設、付属設備等を使用目的以外に使用したり、使用権の譲渡又は転貸を禁止いたします。




 響ホールは、クラシックを中心とした音楽専用ホールとして建設されました。
平成28年4月より、当ホールは音楽以外の目的でもご利用可能になりました。
その場合は、施設利用のお申込み前に
管理事務室(093-662-4010)までお問い合わせください。




このページの上部へ